FXで両建てはなし?経済的合理性を欠く恐れ

モリヤマ

FX歴は5年。
主にFX自動売買で資産を増やすのが得意です!

いっぽくん

・両建てってなに?
・FXでもっと多くの利益を出したい
・自動売買で思うように利益が出せていない
本記事では上記の悩みを解決していきます。
 
FXに挑戦をしたことがある人は、【両建て】という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?中に現在両建てで運用中という人もいるかもしれません。
 
私は2年前からFXで【両建て】で運用するのはやめました。
その理由は以下のとおりです。
両建て3つのデメリット
・出口戦略が立てられない
・マイナスのスワップがきつい
・利益率/資金効率が悪い
・FXをはじめたばかりの方
・両建てで利益を伸ばそうと思っている方
にはぜひ読んでほしいです。

FXの両建てとは?

いっぽくん

両建てってなんですか?

モリヤマ

FXの両建てとは、「買い」「売り」の両方のポジションを持つことです。
FXを仕組みがわからないという人は以下の記事を読んでみてください。
 
両建てのイメージは以下のイラストの通りです。

両建てのメリット?

いっぽくん

両建てのメリットはなんですか?
私はFXの両建てに以下のようなイメージを持っていました。
・相場が下がっても上がっても利益は発生!
・ポジション2倍=利益2倍!
・売り・買い双方向にロスカットのリスクあり

モリヤマ

まずは「買い」ポジションだけを持つ場合を見てみましょう!
上記のイラストを見てもらうとわかるように、
チャートが上昇しているときに利益が発生しています。
一方、チャートが下降しているときには、利益は発生しません。
また、チャートが下降し過ぎた場合、ロスカットリスクが発生します。
ロスカットについては以下の記事をご覧ください。
 

モリヤマ

次に、「両建て」でポジションを持つ場合を見てみましょう!
上記のイラストを見てもらうとわかるように、
チャートが上昇しているときでも、下降している時でも利益が発生
またチャートが上昇・下降しすぎた場合、ロスカットリスクが発生
買いだけの場合と比較すると、
 
利益は2倍、リスクも2倍になります。
 
レンジ相場が長く続くと予想される場合にはありな戦略だといわれたりします。
※レンジ相場=一定の期間チャートが一定の値幅で上下に動くような相場

FXで両建ては危険!3つのデメリット

いっぽくん

利益が2倍になるなら、両建てはありかな!

モリヤマ

私も最初は両建てで運用していましたが、両建てにはデメリットも多いです
両建て3つのデメリット
・出口戦略が立てられない
・マイナスのスワップがきつい
・利益率/資金効率が悪い
 
上記のことに気づいたきっかけは、
FXのメイン口座である【マネースクエア】から届いたメルマガでした。
まずは運用しながら実践を通して勉強していくのがおすすめですよ!
 
私が1500万円以上の資産を運用しているFX会社はこちら↓↓
マネースクエア 

出口戦略がなくなること

いっぽくん

出口ってなに?

モリヤマ

出口とは「あまり損を出さずに、取引を休止できる価格帯」という意味です。

上記のイラストのように「買い」ポジションだけを持っていた場合、青い点線より上に行けば、評価損はゼロもしくはプラスになります。
 
そして評価損がゼロなら「取引をいったんやめる」という決断もしやすいですよね。
 

モリヤマ

次に、両建ての場合を見ていきましょう
両建ての場合は、評価損がゼロに近づく場面がありません。
・チャート上昇時には「売り」ポジションに評価損が発生
・チャート下降時には「買い」ポジションに評価損が発生
・チャートが真ん中の時には、「買い」「売り」双方に評価損が発生
損した状態で取引をやめるのはなかなか勇気のいることですよね。
なので両建てはやめるタイミングが難しいんです。

マイナススワップがきつい

いっぽくん

マイナスのスワップがきついってなに?
FXでは、ポジションを持っているとスワップが発生します。
スワップについては以下の記事で詳しく解説しています。
 
日本円との通貨ペアで取引している場合では、
「買い」のポジションを保有していると、プラスのスワップポイントが発生
「売り」のポジションを保有していると、マイナスのスワップポンとが発生
そして、多くのFX会社では「買い」のスワップよりも「売り」のスワップの方が大きく設定されています。両建ての場合、常に「売り」ポジションを保有することになるため、相場があまり動かないときついです。マイナスのスワップがプラスのスワップを上回るので、日々マイナスのスワップが発生していきます。
 
毎日じわじわ資産が減っていくのは、精神的にいいものではありませんよね。

両建ての真実!利益率/資金効率が悪い

いっぽくん

でも利益が倍になるなら、効率よく稼げていいのでは?
実は「利益が2倍」という点にも落とし穴があります。
過去のチャートを分析した結果、利益率/資金効率がいい投資方法は、

ハーフ&ハーフです。

ハーフ&ハーフのイメージは以下のとおりです。
安値になった時に「買い」、高値になった時に「売り」ポジションを保有する作戦です。
 
高値で「買い」ポジションを持つと決済されにくく、無駄な投資になることが多いです。
安値で「売り」ポジションを持つ場合も同様です。
 
ハーフ&ハーフのメリットは以下のとおり。
ハーフ&ハーフ3つのメリット
・出口がある(レンジ中央)
・両建てと同じリスクでポジションを多く保有できる
・利益も両建てより多く得られる
 

モリヤマ

では、実際のデータを見ていきましょう。
マネースクエアが過去2年3か月分の相場をトラリピで運用したデータを紹介します。
比較条件は以下のとおりです。
 
【基本条件】
運用期間:2017年1月~2019年3月(2年3か月)
通貨ペア:米ドル/円
レンジ(値幅):105円~115円
1回の注文数量:0.1万通貨
最大想定損失額:約306,000円
【注文本数条件】
両建て:「買い」51本+「売り」51本=合計102本
ハーフ&ハーフ:「買い」92本+「売り」92本=合計184本

結果

両建て       +618,495円
ハーフ&ハーフ   +1,334,761円
なんと利益の差が2倍になりました。
 

いっぽくん

ハーフ&ハーフの注文本数の方が2倍になっているんだから、比較にならないんじゃないの?
 
これはリスクを同じにした場合の比較です。
同じリスクにすると、注文本数を2倍にできるのがハーフ&ハーフのすごいところです。
 
両建ては、必ずしも「利益率/資金効率」がいいとは言えないことが実証されています。
この事実を知ってから、私のトラリピもハーフ&ハーフで運用しています!
 
トラリピについては以下の記事をご覧ください。
 
ハーフ&ハーフの考え方についてはまた別記事で解説していく予定です!

実体験!両建てポジションで損失が増えた話

モリヤマ

最後に私が経験した失敗談を紹介しますね!
トラリピは順調に運用できているのですが、
以前トルコリラでスワップ狙いの投資をしていた際に失敗をした経験があります。

損失額 150万円

200万円を投資していたので、運用資金が4分の1になっていしまいました。
どういう状況だったかというと、
【トルコリラの失敗例】
①スワップ狙いで買いポジションを保有
②順調にスワップ利益が増加
③2018年春~夏にかけてトルコリラ急落
④ロスカットの危機
⑤売りポジションを保有し買いポジションの損失を相殺する作戦
⑥その後、相場は膠着状態。
⑦レンジ相場が続き、売りポジションのスワップ発生
⑧これまで得たスワップ利益がマイナスに。
⑨耐えきれず、すべて決済し、150万円の損失
もしも、急落した時に両建てでその場をしのぐ作戦をとっていなかったら、損失額は120万円程度で済んでいました。
 
もちろんたらればの話ですが、両建ては上級者のテクニックだと実感しました。
ジワジワ虫食むマイナスのスワップは精神的にきつかったです。
 
最近では、多くのFX業者で両建てポジションをすすめていません。
理由は本記事で開設したように「経済的合理性を欠く恐れがある」からです。
 
両建てポジションを持つ際は十分に注意してくださいね!

FX両建て!記事まとめ

両建て3つのデメリット

・出口戦略が立てられない
・マイナスのスワップがきつい
・利益率/資金効率が悪い

ハーフ&ハーフ3つのメリット

・出口がある(レンジ中央)
・両建てと同じリスクでポジションを多く保有できる
・利益も両建てより多く得られる
FXの資産運用方法について、わからないことは気軽にツイッターよりご質問くださいね!
@nihomeblog
 
 
口座開設は「マネースクエア」がおすすめ↓↓↓
 
マネースクエア 
 
小額からFXをはじめたい人はこちら↓↓↓
 
スワップ狙いなら「LIGHTFX」がおすすめ↓↓↓
 

レイダーズ証券【LIGHT FX】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です