20代からの資産運用!お金を増やして副業やFXをはじめよう!

モリヤマ

FX歴5年。
30才から資産運用の勉強をはじめました。

いっぽくん

貯金が全然ない人は何から始めればいいの?
20代でも資産が増える方法を知りたい。
 
本記事では上記の悩みを解決していきます。
 
30歳から資産運用に真剣に取り組んできて、実感していることが1つあります。効率よく資産を増やすためには、
 

時間×資金が必要不可欠です。

 
20代から資産運用をはじめるのは、正直メリットしかありません
 
なぜなら老後までの時間がたくさんあるからです。そして、20代でまだ貯金や資産運用ができていないという人におすすめしたいのが、以下、3つの仕組みづくりです。
 
 
・お金が貯まる仕組みづくり
・支出を減らす仕組みづくり
・収入を増やす仕組みづくり
 
 
そして上記の仕組みづくりで増えた資産を、FXなどの投資に回していけばばっちりです!
 
ちなみに本記事は「今すぐお金が欲しい!」という人向けの記事ではありません。中長期的に資産を増やしたい20代の方に読んでほしいです。
 

20代こそ積極的に資産運用に取り組むべき理由

資産運用をはじめたきっかけ

いっぽくん

資産運用をはじめたきっかけは?
 
私の場合、子供が生まれたことが一番のきっかけでした。
 
ほとんどの人が【大きなライフイベント】が発生するタイミングで資産運用について意識するのだと思います。
 
 
・結婚
・出産
・転職
 
 
20代で上記のイベントに直面している人は、まさに資産運用の始め時です。
 
また20代前半でまだ大きなライフイベントに直面していない人も、将来起こりうるライフイベントのことを少し考えてみましょう。
 
 
・結婚式の費用は?
・引っ越しにかかる費用は?
・出産・子育てにはどれくらいかかるの?
 
ざっくりとした数字ですが、平均すると下記のような金額がかかるといわれています。
 
 
・結婚式 平均300万円
・出産  平均50万円
・子育て 1人1000万円~3000万円程度
 
 
結構ショッキングな数字ですよね。でも20代から意識できている人はその時点ですごいので大丈夫です。
まずは現状の資産状況を把握することからはじめましょう!

 

20代資産運用の現状【金融資産の有無】

いっぽくん

20代で貯金できている人ってどれくらいいるの?

 

20代の貯蓄状況については以下の表をご覧ください。
 
 金融資産の有無(%)
 
20代64.435.6
30代66.333.7
40代66.333.7
50代68.231.8
60代70.629.4
70代以上71.728.3
 
 
 
上記の調査では20代の人のうち約64%の人が貯蓄できていると回答しています。貯金無しという人は、すぐにでも生活の中で何かを変えていけるといいですね!
 

20代資産運用の現状【平均貯蓄金額】

いっぽくん

20代の平均貯蓄金額は?
 
20代の平均貯蓄金額については以下の表をご覧ください
 
年代平均貯蓄金額
29歳以下154万8千円
30~39歳404万1千円
40~49歳652万7千円
50~59歳1,051万2千円
60~69歳1,339万4千円
70歳以上1,263万5千円
 
出展:厚生労働省
国民生活基礎調査【各種世帯所得等の状況】(平成28年度)
 
 
上記の調査では20代の平均貯蓄金額は154万円となっています。所得や勤務年数が違うので年代間の差はやはり大きくなりますね。
 
 

20代資産運用の現状【年間手取り年収】

いっぽくん

20代の年間手取り年収はどれくらい?

 

20代の年間手取り年収の平均については以下の表をご覧ください。
 
年間手取り収入(税引後)
 20代30代40代50代60代70代以上
平均409万円499万円549万円624万円436万円364万円
中央値400万円450万円500万円600万円350万円300万円
 
20代の手取り年収は中央値平均値共に400万円となっており、やはりどの年代に比べても低いです。その中で資産や貯蓄を増やすためには何かしら工夫することが重要です。
 
でも少し取り組めば、同世代の中では必ず抜きんでた存在になれます。年収が少ないから、何もできないのではなく、少しでも現状を変える工夫ができないか一緒に考えていきましょう!
 

20代の資産運用!取り組んでほしい3つの仕組みづくり

いっぽくん

資産運用どんなことから始めればいいの?

 

20代に取り組んでほしいのは以下の3つの仕組みづくりです。
 
・お金が貯まる仕組みづくり
・支出を減らす仕組みづくり
・収入を増やす仕組みづくり
 
全てできるならもちろんやったほうがいいですが、まずは無理せず一番取り組めそうなものから始めましょう!
 

20代の資産運用!お金が貯まる仕組みづくり

いっぽくん

なかなか貯金ができなくて困っている。
貯金ができなくて困ってい人は以下のことから始めてみましょう!
 
 
・財形貯蓄
・確定拠出年金
・クレジットカードを利用
・キャッシュレス決済を利用
 
貯金ができないという人は、確定拠出年金財形貯蓄といった手段を用いて、強制的に給与を貯蓄に回してみることから始めてみるのがいいでしょう!
 
 
確定拠出年金に興味のある人は以下の記事をご覧ください
 
 
そして中でも比較的にすぐできるのが、以下の2つです。
 
・クレジットカード決済
・キャッシュレス決済
 
現金派の人は今すぐクレジットカードやキャッシュレス決済を利用しましょう!
 
 
【例えば】クレジットカードを利用した場合、ポイント還元の相場は1%~1.5%です。
 
年間100万円利用した場合、15,000円分のポイント還元が見込めます。
 
もちろん使いすぎには注意が必要です。私のおすすめは、
 

なるべく1枚にまとめること。

 
 
お得だからとむやみに決済手段を増やしていくと、管理が難しくなります。支出の管理はばっちり!という人でない限り、なるべく決済手段は少なくすることで資金管理をしやすくしていきましょう!
 
 
 

20代の資産運用!支出を減らす仕組みづくり

いっぽくん

支出を減らすにはどうすればいいの?
 
お金をいきなり稼ぐことは難しいですが、少しづつ支出を減らすことなら取り組みやすいですよね。
 
支出を減らす簡単な工夫としては以下のものがあります。
 
 
・酒タバコをやめる
・ネットでまとめ買いをする
・コンビニでの買い物を控える
・カフェの利用や外食を減らす
 
私の場合ですが、下記のことを徹底しています。
 
 
・酒たばこはしない
・楽天やアマゾンでまとめ買い
・職場に弁当水筒持参
・外食月3回まで
 
 
収入は多くなく子供も二人いますが、共働きせず貯金もちゃんとできています。お昼や飲み物代に1日1000円以上使っている人は、職場や外出先に弁当水筒を持参するだけで
 
 
1000円 × 30日 = 30,000円の節約
 
 
これは厳しいという人は、ネットのまとめ買いがおすすめです。
 
 
私のまとめ買い方法は、以下のとおりです。
 
 
①ほしいものはカートに入れる
②時間をおいて本当に必要なものか判断
③毎月お得なキャンペーンの時にまとめ買い
 
 
お酒飲んでしまった時や給料日前後の買い物は気持ちが大きくなっていしまうのでなるべく控えましょう!
 

支出を減らす=資産を増やす

 
 
支出を減らすことはかなり効果があるので、できそうな人はぜひ取り組んでみてください。

 

20代の資産運用!収入を増やす仕組みづくり

いっぽくん

もっとお金を稼ぎたい!
 
とにかく収入を増やす工夫がしたい人におすすめなのは以下のことです。
 
 
・副業
・転職
・メルカリ
・ポイントサイトの活用
 
中でも簡単に始められるのが、ポイントサイトの活用です。
 
 
私はポイントサイトを活用して20万円以上のお小遣い稼ぎをしました。今資金がないという人にはかなりおすすめです。
 
 
ポイントサイトの活用方法については以下の記事で詳しく解説しています。
➡【おすすめ副業】FX口座開設+ポイ活で20万円稼いだ話
 
 
また少しでも貯蓄がある人は、副業としてFXをはじめてみるのがおすすめです。私が100万円で運用しているFX口座では、2020年2月は約17,000円の利益がありました。
 
 
FX口座の運用実績については以下の記事をご覧ください。
 
 
なぜ副業にFXがおすすめなのかについては以下の記事で紹介しています。
 
 

20代からの資産運用!お金を増やして副業やFXをはじめよう!記事まとめ!

20代の金融資産の現状【まとめ】

20代で金融資産のある人    約64%
20代の平均貯蓄金額           約154万円
20代の平均手取り年収        約400万円

20代に取り組んでほしい3つの仕組みづくり

・お金が貯まる仕組みづくり
 ➡クレジットカードの利用がおすすめ
・支出を減らす仕組みづくり
 ➡楽天やamazonでまとめ買いがおすすめ
・収入を増やす仕組みづくり
 ➡ポイントサイトの活用がおすすめ

副業に興味がある人は以下の記事をご覧ください!

 
 
 
 
 

口座開設は「マネースクエア」がおすすめ↓↓↓

マネースクエア

小額からFXをはじめたい人はこちら↓↓↓

スワップ狙いなら「LIGHTFX」がおすすめ↓↓↓
 

レイダーズ証券【LIGHT FX】

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です