FXトラリピでロスカットにならない方法&便利ツールを紹介!

モリヤマ

FX歴5年。
現在2000万円以上の資産をFXで運用しています。

いっぽくん

・FXで失敗するのが怖い!
・ロスカットってなんなの?
・ロスカットにならない方法を知りたい。
本記事では、上記の悩みを解決していきます。
まず安心してほしいのが、FXでは、
預けたお金以上に損失が生まれる可能性はほぼありません。
 
そして、FXで失敗しないために大事なのが、

ロスカットを把握することです。

・ロスカットってなんだ?
・具体的な把握方法を知りたい
という人は、ぜひ読んでみてください。
 
私が実際に使っているツールについて、具体的な利用方法をご紹介します!
 

FXトラリピで失敗しないために

いっぽくん

副業したいけどFXって怖いイメージがある。
失敗して借金なんて背負いたくない。

モリヤマ

安心してください!
FXでは、預けたお金以上に損失が生まれる可能性はほぼありません。
FXと聞くと、なんだか怖いイメージがありますよね。
 
でも実際FXは、そんなに怖いものではありません。
これについては、以下の記事で解説していますので、ご覧ください。
 
 
それでもFXをやる上で、考えておくべきリスクには以下のものがあります。
  • FX業者が破産するリスク
  • 通貨の価値がなくなるリスク
  • 為替の変動リスク
 
順番に解説していきますね!

FX業者が破産するリスク

いっぽくん

破産なんて、なんだか恐ろしい

モリヤマ

大丈夫です!
多くのFX業者では投資資金をしっかり保証してくれますよ!

FXの取引をしていくためには、必ずFX業者で口座を開設する必要があります。
 
口座開設後には、投資資金をFX業者に預けて、トレードを開始します。
 
トレードが順調にいっていたとしても、お金を預けた先のFX業者が破産・倒産してしまったら、継続して取引することができませんよね。
 
それどころか、預けていたお金はどうなってしまうんでしょうか?
 
返ってこなかったら大変です。。。
 
なんと以前の制度では、しっかりとした補償がなされていませんでした。
 
しかし、2010年より画期的なルールができました。それは、

信託保全の義務化です。

信託保全の義務化
FXでは、顧客の資産を「信託銀行」で保管しており、
FX業者の資産と分別して運用するよう義務付けられています。
 
たとえFX業者がつぶれても、信託銀行がつぶれてもちゃんと保証される制度があるんです。

モリヤマ

投資家の資産はしっかり保護されているんですね!
より安心して取引に集中できるのはすごくいいですよね。

いっぽくん

そういえば普通の銀行とかだとどうなっているの?

日本の多くの人は、銀行に資産のほとんどを預けていますよね?
銀行だって、FX業者同様、経済状況や国政に左右されつぶれてしまうリスクがあります。
では銀行がもしつぶれてしまったら、FX業者のように100%保証されるのでしょうか?
 
答えは、NOです。
 
銀行では普通預金の場合、1000万円+利息分 
 
については戻ってきますが、それ以上になるとどうなるかわかりません。
 
そう考えると、FX業者に資産を預けていた方が安全なんですね。
 
FX業者が破産・倒産しても、あなたの資産はしっかり守ってくれます!

FXのリスク!通貨の価値がなくなる?

いっぽくん

取引していた通貨の価値がなくなるなんてこともあるの?
「デフォルト」という言葉を聞いたことはありませんか?
 
日本語で言うと、債務不履行といいます。
簡単に言うと、国や企業が借りたお金そのものや利息が返せなくなることです。
 
国でも企業でも十分に起こりうるもので、国の場合は通貨の価値がなくなるなんてことも実際にあったりします。
アルゼンチンやギリシャなんかがいい例です。
 
持っているお札やお金の価値がなくなるなんて恐ろしいですね。
日本だって、借金大国ですから、デフォルトに向かっているといっても間違いではありません。
 
でも先進国の場合は経済が安定しているので、起こる可能性はかなり低いと思います。
もし起こったら、FXどころの話ではありませんしね。
 
FXをやる上で特に気をつけなければいけいないのが、新興国通貨に投資する場合です。
少しオーバーに言いますが、新興国はいつデフォルトになってもおかしくありません。
 
新興国通貨に投資したいと考えている人は、デフォルトのリスクもしっかり考えて取引していきましょう。

為替の変動リスク

いっぽくん

為替変動のリスクってなんだ?

モリヤマ

FXでは為替が変動するから利益が生まれます。
そして、同時に損をする可能性もあるということです。
リスクがあるからリターンもある。これはまさに投資の鉄則ですね。
 
FXでは常に為替が変動することによるリスクがつきものです。
上がると思っていたチャートが急激に下がっていく
下がると思っていたチャートが急激に上昇する
予想もしない通貨の値動きは、長くやればやるほど経験することになると思います。
 
なのでFXをやるからには、為替変動リスクとうまく付き合っていかなければいけません。
そのポイントとなるのが、今回の記事のテーマでもある、
 
ロスカットを把握することなんです。

FXの要【ロスカット】とは?

いっぽくん

ロスカットってなんだっけ?

モリヤマ

簡単に解説していきますね!

まずロスカットとは、預けているお金以上に損失が大きくなった場合、強制的に決済される仕組みのことです。
 
よくわからない」という人は、下の記事からまず読んでみてください。
 
 
そもそもFXとは、少ないお金を担保に、外貨を交換していく取引のことです。
 
言い方を変えると、少ないお金で多くのお金を借りることができる仕組みがあるということです。
だからこそ、多くの利益を得ることが可能になるのです。
 
リターンがあればその分リスクがあるのが投資というものです。
多くの損失を抱える可能性も同時に発生してしまいます。
 
多くの損失が発生した場合、ロスカットとなる恐れがあります。
FXの場合、ロスカット=強制退場=ゲームオーバーなんです。
 
ただし、ロスカットはFXの安全装置です。
ロスカット制度があるからこそ、無制限に損失が膨む事はありません。
 
ちなみにFXでは、ロスカットが発動してしまうと損失が確定してしまうので、いかに強制ロスカットされないように取引するかを考えてトレードしていきます。
 
FX業者にロスカットされないように、資金繰りや投資戦略を考えることがとても重要です。
 
そのポイントとなるのが、

ロスカットを把握することです。

通貨の価格がいくら下がったら、いくら上がったら、ロスカットされてしまうのか。
そうならないようにするためにはどうしたらいいのか。
私が実践する具体的な方法を紹介していきますね!

FXトラリピでロスカットにならない方法

いっぽくん

ロスカットされないためにはどうしたらいいの?

モリヤマ

ロスカットを把握しておくことがなにより大切です。
ロスカットを把握するということは、

「通貨の価格が〇〇円になった時ロスカットされる。」ということをしっかり計算しておくことです。
 
私はこの計算をするために、マネースクエアの提供するツールを利用しています。
 
その名も「トラリピ運用試算表」です。
 
 
 
【マネースクエア】について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください!
 
 
簡単にいろいろなシュミレーションもできるので、かなり愛用しています。
ただし、このツールを利用するためには最低限口座開設が必要になります。
 
口座開設がまだの人は、以下のリンクより口座開設してみてください。
 
 

マネースクエア

 
ちなみに上記リンクより口座開設してくれた方には、モリヤマがトラリピ設定の相談に乗りますのでお気軽にツイッターよりご連絡ください。
 
さっそく、以下の2つの注文をする場合の具体的な例を紹介していきますね!
①通常注文
②トラリピ注文
 
 

ロスカットの把握方法①(通常注文)

にほくん

通常注文で1つだけポジションを持つ(一度だけ注文する)場合の例を見てみましょう
以下、新興国通貨である南アフリカランド/円で買い注文を入れる場合の例です。
※ちなみに私は、スワップポイント狙いの投資を行う際にもこの作業を行っています。
 
まずマネースクエアで口座開設をしませたら、ログインし「トラリピ運用試算表」をクリックしてください。
 
 
 
 
クリックすると、以下の画像のページに切り替わります。
今回は南アフリカランド/円で取引お行うので、「対円用」を選択します。
 
 
 
さらに買いの注文を入れるので、以下の画像のように「買い新規」を選択します。
 
 
 
 
つぎに、注文する情報を入れていきます。
 
通貨ペア=南アランド円
運用予定額=10万円
仕掛けるレンジ(ここでは注文価格)=7.5円
レンジ内に仕掛ける本数(ここでは注文数)=1本
1本あたり何通貨=2万通貨
※ロスカットを試算する場合、赤枠以外の条件はあまり関係がないため、適当に入力すればOKです。
 
 
 
 
計算スタートを押すと、下の画面に以下の情報が表示されます。
 
 
たったこれだけの作業で、今回の注文のロスカットラインが判明しました。
 
ポジション平均価格=7.5円
ポジション合計=2万通貨
ロスカット=2.605円
ロスカットが2.605円が何を意味するかというと、
 
7.5円で注文が成立した場合、約4.9円下落した2.605円になった時、強制的にロスカットされるということです。
 
めちゃくちゃ簡単ですよね!
 
ちなみにFXをやっていくと、ポジションが1つだけという人はなかなか珍しいと思います。
複数ポジション(複数買い注文)を持つ人がほとんどです。
 
そんな時は、どうすればいいかというと、
平均取得価格でみればOKです。
 
例えば、以下のように注文していったとします。
 
先ほど同様、扱うのは新興国通貨である南アフリカランド/円。
買い注文を複数入れる場合の例です。
 
①7.3円で1万通貨
②7.4円で1万通貨
③7.5円で1万通貨
④7.6円で1万通貨
⑤7.7円で1万通貨
ポジション数(注文数)は全部で5つ。
平均取得価格は、7.5円になります。((7.3+7.4+7.5+7.6+7.7)÷5=7.5)
 
先ほどのトラリピ運用試算表で確認してみると、以下のようになります。
 
 
平均取得価格は7.5円。ポジション合計は5万通貨となっています。
気になるロスカットは、5.73円
やはり先ほどよりもポジションが多くなっている分、ロスカットの価格が上がっていますね。
 
このプランだと約2円差下がったらロスカットとなるため、かなりハイリスクな投資だということが分かります。
 
このように、注文する前に、いろいろ試せるのがこの運用試算表のいいところなんですっ!

ロスカットの把握方法②(トラリピ注文)

にほくん

トラリピで複数注文する場合の例を見てみましょう
以下、最もメジャーな通貨ペア米ドル/円で買いのトラリピ注文を入れる場合の例です。
 
まずトラリピってなんだという人は、まず以下の記事をご覧ください。
 
 
ロスカットの把握の仕方は先ほどの例と同様で超簡単です!
今回は、実際に私が運用する「米ドル/円」で買いのトラリピ注文を入れる場合を見てみましょう!
 
まずは注文情報を入力していきます。
通貨ペア=米ドル円
運用予定額=100万円
仕掛けるレンジ=100円~110円
レンジ内に仕掛ける本数=70本
1本あたり何通貨=0.1万通貨
 
 

計算スタートをクリックすると、以下の情報が表示されます。

 

ポジション合計 = 7万通貨

トラップ値幅 = 0.144円

ロスカット=94.461円

上記の数字が何を表すかというと、

・全ての注文が成立すると合計で7万通貨分のポジションを持ちます。

・0.144円に一度の間隔で注文していきます。

・ロスカットは94.461円です。

トラリピで70本も注文をした場合でも、こんな簡単にロスカットレートが割り出せます。

めちゃくちゃ便利なツールなので、FXに慣れていない方にはぜひおすすめしたいです。

FXのリスク管理!ロスカット応用編

にほくん

最後はロスカットレートを下げる方法について解説します
先ほどの例だと、ロスカットは94.461円とかなり高めで、ハイリスクな設定でした。

このロスカットレートを下げるにはどうしたらいいのでしょうか?

以下、最もメジャーな通貨ペア米ドル/円で買いのトラリピ注文を入れる場合のロスカットレートを下げる例です。

【先ほどの設定】
通貨ペア=米ドル円
運用予定額=100万円
仕掛けるレンジ=100円~110円
レンジ内に仕掛ける本数=70本
1本あたり何通貨=0.1万通貨

【ロスカットレートを下げる設定】

通貨ペア=米ドル円
運用予定額=100万円
仕掛けるレンジ=100円~110円
レンジ内に仕掛ける本数=35本
1本あたり何通貨=0.1万通貨

今回は、仕掛ける本数に注目し、上記の注文情報を入力していきます。

ポジション合計 = 3.5万通貨

トラップ値幅 = 0.294円

ロスカット=79.612円

ロスカットのレートがしっかり下がっていることが分かってもらえたかと思います。

このように、運用試算してみることで、リスクが高いか低いかを簡単に把握することが可能です。

もしリスクを下げたければ、

・仕掛ける本数

・通貨量

・運用資金 etc

といった項目に注目し、数値を変えて試してみましょう!

FX取引は、運用の仕方次第で簡単にギャンブルにも長期運用商品にもなり得ます!
FX=危ないのではなく、すべては運用している人次第なんです。
 
ぜひ正しい知識をもって投資ライフをスタートさせてください!

FXトラリピでロスカットにならない方法&便利ツールを紹介!【記事まとめ】

FXをやる上で、考えておくべきリスクには以下。
 
  • FX業者が破産するリスク
  • 通貨の価値がなくなるリスク
  • 為替の変動リスク

 

ロスカットを把握するためのおすすめの方法は以下。

  • マネースクエアの提供する「トラリピ運用試算表」

 

ロスカットレートを下げるために意識するのは以下。

  • 仕掛ける本数
  • 通貨量
  • 運用資金
FX取引は、運用の仕方次第で簡単にギャンブルにも長期運用商品にもなり得る!
 
 

当ブログおすすめのFX自動売買トラリピ!口座開設は「マネースクエア」がおすすめ↓↓↓

マネースクエア

 
小額からFXをはじめたい人はこちら↓↓↓
 

スワップ狙いなら「LIGHTFX」がおすすめ↓↓↓
 

レイダーズ証券【LIGHT FX】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です