収納コンサルがおすすめ!ウィザースホーム歴1年の感想

収納コンサルがおすすめ!ウィザースホーム1年目の感想

 

せっかく注文住宅でマイホームを建てるのならば、できるかぎり思い通りの家を建てたいですよね!

 

いっぽくん

・お庭が欲しい!
・ベランダは広いほうがいい!
・キッチンはアイランドキッチンがいい! etc

 

そして理想のマイホームに多くの人が求めるのが、

「収納がたくさんほしい!」

という条件だと思います。

 

 

我が家も子供が3人いるので、

「将来、収納スペースは足りるのか?」

間取りや収納を考え時にすごく悩みました。

 

私が建てたハウスメーカー「新昭和ウィザースホーム」では、そんな悩みを解決するために、

収納コンサルティング

というサービスを実施してくれています。

 

収納を増やすというよりも、

 

・どこに何を収納していくのか?
・将来的にどんなものが増えてくるのか?

といった具体的なアドバイスを受けることができます。

 

大きな家で収納スペースが確保できる人ならまだしも、収納場所を増やさず部屋を広く取りたい!と思う人が多いはず!

そんな人にすごくおすすめなサービスでした。

 

本記事を読んでもらえれば

 

・マイホームの収納の悩みを解決する方法がわかります。
・収納コンサルティングの具体的な内容がわかります。

 

実際に暮らしてみての感想も交えながら解説していきます!ハウスメーカー選びの参考になれば幸いですー。

 

ハウスメーカー資料一括請求はこちら⇩⇩⇩

 

ウィザースホームで建てた我が家の概要は以下の記事をご覧ください!

➡ウィザースホームの注文住宅!我が家の実例をブログで紹介!

 

 

収納を増やさず管理する方法!ウィザースホームの収納コンサル

収納を増やさず管理する方法!ウィザースホームの収納コンサル

いっぽくん

収納スペースを増やさずにたくさん収納する方法はないの?

 

収納スペースは多いに越したことはありませんよね!中には魅力的な収納スペースを提案してくれているハウスメーカーがあります。

 

ミサワホーム  大収納空間「蔵のある家」
アキュラホーム 大収納 

 

 

ミサワホームの蔵のある家

※写真:ミサワホーム「蔵のある家」イメージ

 

上記のハウスメーカーも魅力的だったのですが、我が家の場合、建蔽率や高さ制限があったため、収納スペースを増やすのは難しい状態でした。

 

そんな時に出会ったのが新昭和ウィザースホームです。

 

 

新昭和ウィザースホームが提案してくれたのが、むやみに収納スペースを増やすのではなく、

 

①収納するものを把握

②効率の良い収納ツールを使う

 

という方法でした。サービスの名称としては、

 

①収納コンサルティングサービス
②monoプレイス(自社収納商品)

 

 

本記事では、特に①収納コンサルティングサービスについて解説していきますね!

 

ウィザースホームの評判や口コミが気になる方は、以下の記事をご覧ください。
ウィザースホームの口コミ・評判は?1年住んでわかったこと

 

 

ウィザースホームの収納コンサルティングサービスとは?

ウィザースホームの収納コンサルティングサービスとは?

いっぽくん

収納コンサルティングサービスってなにするの?

 

収納コンサルとは、専門の収納アドバイザーと話し合い、

 

・どこに何をしまうか?
・部屋の収納スペースは十分か?

という内容をアドバイスしてもらうというものです。

 

一見、地味な内容に見えますが、その効果は絶大でした!!

 

実際にコンサル後に作成した図面がこちら!

 収納コンサル後の間取り図

 

ちょっと荒いですが、画像のようにアドバイスがびっしり書かれています。

 

事前に各部屋にしまうものの寸法や形状を決められたので、入する収納ツールに迷うこともなく、入居後にどれもぴったり収納できて感激しました。

 

収納コンサルティングサービスの流れ

収納コンサルティングサービスの流れ

いっぽくん

収納コンサルティングサービスの流れを知りたい!

 

収納コンサルティングサービスの流れは以下のとおりです。

 

①趣味や将来どんな生活をしたいかを考える
②事前に現在所有しているものをリストアップ
③リストアップしたもののサイズを図る
④準備した資料を基に専門のアドバイザーと面談
⑤アドバイスの書かれた間取り図が完成!

 

理想の生活スタイルを妄想する

いっぽくん

理想の生活スタイルって・・・?

 

例えば、

 

・家庭菜園を楽しみたい。
・週末はBBQをしたい。
・サイクリングを楽しみたい。
・野球やサッカーを子供たちにさせたい などなど

 

まずはじめに、将来のライフスタイルを個人で想像するという作業をしました。アンケートみたいな簡易的なものです。

 

所有しているものをリストアップ

いっぽくん

どんな風にどこまでリストアップしたの?

 

例えば、私の場合、キャンプ用品を中心にリストアップしました。

 

・テント
・キャンプテーブル
・キャンプイス
・ダッチオーブン
・ギター
・タープ
・ポール
・ハンモックスタンド
・水のタンク
・寝袋
・銀マット
・焚き火台

 

他にもとにかく思いつくもの、すべてリストアップしていきました。

 

・衣装ケース
・ソファ
・ダイニングテーブル
・子供のおもちゃ
・扇風機
・電化製品
・キッチン道具
・タオル類
・掃除道具 などなど

 

リストアップしたもののサイズを測る

いっぽくん

リストアップしたものすべてのサイズを測るの?

 

次に行ったのが所有物のサイズを測ることです。

全て図かったわけではなく、

 

・特に形状が大きなもの
・形状が独特なもの

 

について、サイズを計測していきます。

 

例えば、キャンプ用品の場合は以下のもののサイズを計測しました。

 

・テント   650×200×250
・椅子    850×120、950×120
・ポール  960×100×100
・タープ  910×20×200
・銀マット 1200×3×60
・ハンモックスタンド 1100×400×150

 

ウィザースホームの収納アドバイザーと面談

 

いっぽくん

どれくらいの時間をかけて面談をやるの?

 

相談時間は、約半日かけてたっぷり意見や悩みを聞いてもらいました。我が家の場合は2世帯なので、約1日かけて面談終了。

親身になって考えてくれて好印象でした。

準備は大変ですが、その分成果はでるので頑張ってください!

 

収納コンサルティングで実際に受けたアドバイス

収納コンサルティングで実際に受けたアドバイス

いっぽくん

収納コンサルで実際にどんなアドバイスを受けたの?

 

予想以上に具体的なアドバイスがもらえました!我が家がもらったアドバイスの一部を紹介しますね!

 

ケース①土間収納

 

キャンプ用品のサイズがまちまちなので、可動棚がおすすめです。収納するものの大きさを考えると、奥行き450㎜の板を4枚程度使用すると収納しやすくなると思います。

 

ケース②洋室のクローゼット収納
洋室のクローゼットの奥行は600㎜と奥行きが浅めのクローゼットになっています。袋棚の奥行を450㎜→400㎜に変更もしくはステンパイプと袋棚を100㎜下げると袋棚に収納がしやすくなりますのでご検討ください。

 

実際に完成した間取り図に記載されていた内容です。

 

具体的な数字や変更後の提案もしてくれるのでとても参考になりました。収納スペースで悩んでいる人にはぜひ体験してほしいです!

 

 

ハウスメーカーの資料請求はこちら⇩⇩⇩

 

収納コンサルがおすすめ!ウィザースホーム歴1年の感想【まとめ】

収納コンサルがおすすめ!ウィザースホーム歴1年の感想【まとめ】

 

建ててからでは間に合わない!収納計画!

ウィザースホームの収納コンサルサービスは控えめに言ってオススメでした!!

 

魅力的な収納スペースを提案してくれたハウスメーカー

ミサワホーム  大収納空間「蔵のある家」
アキュラホーム 大収納 

 

ウィザースホーム式!収納を増やさず管理する方法

 

①収納するものを把握する

 ➡収納コンサルティングサービス

 

②効率の良い収納ツールを使う

 ➡monoプレイス(ウィザースホーム自社収納商品)

 

収納コンサルティングサービスの流れ

①趣味や将来どんな生活をしたいかを考える
②事前に現在所有しているものをリストアップ
③リストアップしたもののサイズを図る
④準備した資料を基に専門のアドバイザーと面談
⑤アドバイスの書かれた間取り図が完成!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です