マイナンバーカードを作るメリット6つ!【2020年】

いっぽくん

・マイナンバーカードを作ると何かいいことあるの?
・マイナンバーカードでできるサービスを知りたい!
本記事では上記の疑問にお答えします!
 
マイナンバー制度がはじまって4年。まだ「マイナンバーカードは作る必要がない」って思っていませんか?
 
2020年はマイナンバーカードが普及するかどうかの節目の年。政府もサービスを充実させるために力を入れています!
 
・現在どんなサービスが利用できるのか?
・今後どんなサービスが利用できるのか?
 
上記の内容について詳しく解説していきます!
 
・まだ作っていないという人
・作ったけどうまく活用できていないという人
 
ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

マイナンバーカードは作るべき?メリットはあるの?

いっぽくん

マイナンバーカード作ってもいいことなんてないでしょ?
現在マイナンバーカードを作って利用できるサービスは以下のとおりです。
 
 
【マイナンバーカードを作るメリット(現在)】
・マイナンバーを証明する書類になる!
・身分証明書になる
・様々なサービスが一体化できる(※)
・コンビニで証明書の交付が利用できる
・各種行政手続のオンライン申請が利用できる
・旧姓(旧氏)が併記できる ⇒NEW!
 
 
現在進行形でどんどん利用できるサービスが増えてきています。
 
また今後予定されているサービスは以下のとおりです。
 
 
【マイナンバーカードを作るメリット(今後)】
・ポイント還元
・健康保険証の役割
・引っ越し手続きのワンストップ
・死亡相続手続きのワンストップ
  
今後予定されているサービスは、ポイント還元を筆頭にメリットが多いです!
 
マイナンバーカードは申請してから完成までに1か月ほど時間がかかりますので、ポイント還元の恩恵を受けたい方は早めにカードを申請しましょう!
 
 
 
また申請に必要な写真については「マイナンバーカードの写真は30円から!おすすめ2選を紹介」をご覧ください。
 
 
特にポイント還元は【2020年9月~】始まってしまうので、カードを作るならなるべく早めがおすすめです‼
 

マイナンバーカードを作る6つのメリット!

 
マイナンバーカードを作る6つのメリット
・マイナンバーを証明する書類になる!
・身分証明書になる
・様々なサービスが一体化できる(※)
・コンビニで証明書の交付が利用できる
・各種行政手続のオンライン申請が利用できる
・旧姓(旧氏)が併記できる ⇒NEW!

マイナンバーカードを作るメリット①マイナンバーの証明書類

いっぽくん

マイナンバーを証明する書類って?
マイナンバー制度が始まってから、会社や保険・金融機関など様々な場所でマイナンバーの提示が求められるようになりました。
 
マイナンバーを証明する書類は今のところ
 
・通知カード
・住民票(マイナンバー入り)
・マイナンバーカード
 
の3点です。その内、通知カードと住民票はいつまで正式な証明として扱ってくれるかは未知数ですので、マイナンバーカードを持っておくのが一番安心です。
 

マイナンバーカードを作るメリット②身分証明書

いっぽくん

身分証明書として使えることぐらい知ってるよ!
マイナンバーカードを持っていて一番便利なのが【身分証明書】としての機能です。
 
保険証・パスポートしか持っていない!という人はすぐにでも作ったほうがいいですね!
 
またマイナンバーカードがあれば、
 
・本人確認書類
・マイナンバーの証明書類
 
の2つの証明になるため提出を求められる時には、一枚だけ提示すればいいのでかなり便利です。
 

マイナンバーカードを作るメリット③様々なサービスが一体化!

いっぽくん

サービスが一体化ってなに?
マイナンバーカードに以下のようなサービスを追加することができます。
 
・図書カード(※)
・印鑑登録カード(※)
・保険証(2020年3月~予定)  etc
 
市区町村や国が提供する様々なサービスですが、必要だった複数のカードがマイナンバーカードと一体化できます。ただし自治体によって利用できるサービスは異なるので注意してくださいね!

マイナンバーカードを作るメリット④コンビニ交付

いっぽくん

コンビニ交付って何がいいの?
マイナンバーカードには【電子証明書の機能】がついていて、コンビニで以下のような証明書類を取得できます。
 
・住民票の写し
・戸籍謄本(抄本)
・戸籍の附表の写し
・住民票記載事項証明書
・各種税証明書
・印鑑登録証明書 などなど
 
たとえば、戸籍謄本。
 
戸籍関係は本籍地のある自治体でしか取得することができませんでしたが、コンビニで取得可能となればかなり便利ですね!また自治体によっては手数料が割引になるところもありますので、金銭面でもメリットを得られる可能性があります!
 
ただしこちらも自治体によって利用できるサービスは異なりますので、一度確認してみてくださいね。

マイナンバーカードを作るメリット⑤オンライン申請

いっぽくん

オンライン申請ってなに?
オンライン申請には以下のようなものがあります。
 
・e-tax(税の申告)
・子育てワンストップサービス
・自治体・公共機関決済サービス などなど
 
行政や公共機関の手付きを簡略化してくれる便利なサービスです。ただし、いずれもカードリーダーがないと活用できないのが少しだけ難点です。
 
詳しくは以下のサイトをご覧ください。
 
➡行政機関などが保有するあなたの情報を確認したい人
 
 
➡子育てに関する手続・決済サービスをオンライン上で行いたい人
 

マイナンバーカードを作るメリット⑥旧姓を表示

いっぽくん

旧姓をカードに併記できるの?
2019年11月5日からはじまったサービスで、マイナンバーカードの券面に旧姓(旧氏)を併記できるようになりました。
 
これまで結婚して氏が変更になった場合、変更したことを証明するためには、
 
・住民票
・戸籍抄本
・結婚証明書  など
 
が必要でした。
ですが今後はマイナンバーカードに旧姓を併記できるため、上記の書類の提出が不要になります。
 

いっぽくん

もう作っちゃったよ!
 
マイナンバーカードをすでに持っている人でも大丈夫です!
【無料】で申請できるのでお近くの市区町村で申請方法を確認してみてください!

マイナンバーカードを作る今後期待されるメリット

いっぽくん

これからマイナンバーカードのメリットは増えてくるって本当なの?
今後開始されるであろうサービスは以下のとおりです。
 
【マイナンバーカードを作るメリット(今後)】
・ポイント還元
・健康保険証の役割
・引っ越し手続きのワンストップ
・死亡相続手続きのワンストップ 
特に、以下の2つはサービスの運用開始が迫っています!
 
ポイント還元➡ 2020年9月~2021年3月
健康保険証 ➡  2021年3月~本格運用
 
ポイント還元では還元率が25%、上限額5000円との話も出ており、期待大です。
まだマイナンバーカードを作っていないという人は申請しておきましょうね!
 

マイナンバーカードを作るメリット6つ!記事まとめ!

 

マイナンバーカードを作る6つのメリット!

・マイナンバーを証明する書類になる!
・身分証明書になる
・様々なサービスが一体化できる(※)
・コンビニで証明書の交付が利用できる
・各種行政手続のオンライン申請が利用できる
・旧姓(旧氏)が併記できる ⇒NEW!

マイナンバーカードを作るメリット(今後)

・ポイント還元
・健康保険証の役割
・引っ越し手続きのワンストップ
・死亡相続手続きのワンストップ 

2020年度に開始予定のサービス

ポイント還元➡ 2020年9月~2021年3月
健康保険証 ➡  2021年3月~本格運用
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です