マイナンバーがわからない!カード再交付のやり方!

いっぽくん

勤務先にマイナンバーを聞かれたけどわからない。
通知カード・マイナンバーカードを再交付したい!
 
本記事では上記の悩みを解決していきます。
 
マイナンバー制度が開始して4年。勤務先は金融機関、役所への申請など、いろいろな場面でマイナンバーを聞かれることが多くなってきました。
 
 
勤務先
確定申告 など
 
 
上記の場合、マイナンバーの確認できる書類の提出も必要になることがあります。
 
でもそんなときに限って、
 
・通知カードが見当たらない
・マイナンバーが分からない
 
 
普段マイナンバーなんて使わないから、急に聞かれるとびっくりしますよね。そんなときの対処法を、わかりやすく解説していきます!
 

マイナンバーを確認できる書類がすぐほしい場合


いっぽくん

マイナンバーを確認できる書類がすぐに必要なんだけど・・・

 

マイナンバー確認書類がすぐに必要な方は、
 
 
住民票(マイナンバー入り)を取得しましょう。
 
 
 
手数料は300円程度かかりますが、住民登録をしている自治体の窓口であればすぐに取得可能です。
 
ただし、窓口で申請する場合は、
 
・免許書
・保健証 + 通帳・キャッシュカード等 (※) 
 
といった本人確認書類を持参することを忘れずに!ただし本人確認書類は自治体によって異なるため注意してくださいね。
 

通知カードをなくした場合


いっぽくん

通知カードをなくしたらどうすればいいの?

 

通知カードとは、制度開始当初に郵送され自宅に届いた紙のカードです。(画像参照)
 
 
 
 
 
通知カードを紛失して【再交付】を希望する場合
 
・役所の窓口で申請
・再交付手数料500円
・自宅に届くまで1か月弱かかる
 
再交付となると、手数料も時間もかかるので何とも言えません。通知カードの役割を考えると、身分証にもならず、マイナンバー関連のサービスをなにも使えないため、お金を払って再交付するのはかなり微妙です。
国の動きとしても、じき「通知カード」自体を廃止する方向で話が進んでいるようです。通知カードを再交付しようと考えている人には、以下の2つの方法がおすすめです。
 

すぐに書類が必要な人

 
➡マイナンバー入りの住民票を取得(手数料300円)
 

1か月かかってもいい人

➡マイナンバーカードの申請(手数料無料)
 
※マイナンバーカードの申請方法についての記事は、以下をご覧ください。
 
 

マイナンバーカードをなくした場合 


いっぽくん

マイナンバーカードをなくしたんだけど・・・

 

マイナンバーカードを紛失した場合
 
・警察に紛失届
・マイナンバーカードの利用停止手続き 
 
まずは上記の手続きをしましょう!
 
詳しくは「マイナンバーカードは更新が必要?紛失したらどうする?(更新中)」をご覧ください。
またマイナンバーカードの再交付を希望する場合、【紛失等による再交付】の際は原則として交付手数料が必要となります。
 
電子証明書の登録手数料 200円
カードの再交付手数料 800円 
期間一か月弱
証明写真代 
 
※写真代を安く抑えたい方は以下の記事をご覧ください。
マイナンバーカードの写真は30円から!おすすめ2選を紹介
 
また紛失再交付の場合は窓口でも手続きとなるケースが多いようです。なかなか大変そうですね。急いで知りたい場合、住民票(マイナンバー入り)を取得しましょう!
 

マイナンバーがわからない!カード再交付のやり方!記事まとめ

 

マイナンバーがわからなくなったら・・・

①住民票(マイナンバー入り)を取得

 
・手数料300円
・住民登録のある役所の窓口
 
 

②マイナンバーカードを新規作成

 
・手数料無料
・期間は1か月弱
 
 
 

③通知カードの再交付

 
・役所の窓口で申請
・再交付手数料500円
・自宅に届くまで1か月弱かかる
 
 

④マイナンバーカードを再交付

 
・期間1か月弱
・住民登録のある役所の窓口
・証明写真代
・電子証明書の登録手数料 200円
・カードの再交付手数料   800円 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です