トラリピで損失が出た?リスクを回避する方法

トラリピで損失を出さないためのリスク回避方法

いっぽくん

トラリピで資産運用をおすすめしているけど、損をすることだってあるんでしょ?
 
 
ローリスクな資産運用方法として、当サイトでは【自動売買トラリピ】をおすすめしています。ですが結論から言うと、
 
 
損する可能性のない投資なんて存在しません。
 
 
どんな投資でも必ずリスクがあり、トラリピだって損失を出す可能性があります。私は5年間トラリピを運用していますが、損失が出そうになったことも数回ありました。
 
 
 
それでも今現在2000万円以上を投資し、月10万円の利益を上げることができている理由は、
 
 
・損失が出る仕組みを理解する
・損失を出さないようにリスクを減す
 
上記のことができているからです。
 
これからトラリピで投資をはじめてみよう!という人には必ず読んでほしいです。
 
 
【今回のテーマ】
・トラリピで損失が出る場合とは?
・トラリピで損失を出さないための方法
上記の内容について解説していきます。
 
 

トラリピで損失が出る時ってどんな時?

トラリピで損失が出る時ってどんな時?

トラリピが抱える4つのリスクとは?

いっぽくん

トラリピにはどんなリスクがあるの?
 
 
トラリピには大きく分けて4つのリスクがあります。
 
【トラリピの4つのリスク】
 1.常に含み損を抱えている
 2.やめるタイミングが難しい
 3.高金利通貨はトラリピに不向き
 4.想定したレンジを抜ける
 
この4つのリスクはいずれもは把握してから運用を開始することをおすすめします!ちなみに4つのリスクの中でも直接損失に関わってくるのが、
 
 

4.想定したレンジを抜けた時です。

 
 

トラリピの想定レンジとは?抜けたら損失が出る可能性大です。

いっぽくん

そもそもトラリピの想定レンジって何ですか?

 

【自動売買トラリピ】はチャートが上下に動くことで利益を積み重ねていく投資方法です。

 

自動売買トラリピについては以下の記事をご覧ください。
副業にはFXの自動売買がおすすめな理由【トラリピ】

 
 
 
 
トラリピは○○円から○○円までという値幅を決めて、決めた範囲内で注文を繰り返していきます。(画像参照)
 
 
 
 
トラリピの仕組み
  
 
 
 
このように○○円~○○円という値幅のことを【想定レンジ】といいます。
 
 
運用を開始する前に必ず値幅(レンジ)を決めるのですが、この想定レンジを抜けた時に2つのリスクが発生します。
 
 
・逸失リスク
・損失リスク
 
 
【逸失リスクとは・・・】
買いポジションを保有していた場合は、レンジを上抜けすることで発生するリスクです。ポジションを持たなくなるので損失が出ることはないですが、収益になるチャンスを逃しています。
 
 
【損失リスクとは・・・】
買いポジションを保有していた場合は、レンジを下抜けすることで発生するリスクです。この場合、損失が発生する可能性が高くなります。また強制ロスカットの危険性も出てきます。
 
 
 
図で表すと以下のようになります。
 
 
 
トラリピの損失リスク
 
 
いずれのリスクもなるべく回避したいですが、【損失リスク】には特に注意をしてください!
 
 
 

トラリピで損失を出したくない!ローリスクな運用方法

トラリピで損失を出したくない!ローリスクな運用方法

いっぽくん

トラリピで損失が出る可能性があるのはわかったけど、どうやったら防げるの?
 

トラリピでなるべく損失を出さないようにするための方法は以下の2つです。

 
【損失を出さないための2つの方法】
 ・損失を出さないよう想定レンジを広くとる
 ・損失を出さないために資金を追加する
 

損失を出さないよう想定レンジを広くとる

いっぽくん

想定レンジを広くとるってどういうこと?
 
極端にいうと、想定レンジをめちゃくちゃ広く設定すれば、損失を出さないようにすることができます。
 
 
例えば、米ドル円の値幅を0.1円~110円にして以下のように設定した場合、米ドル円の価格がマイナスにならない限り、想定レンジを下抜けることはありません。
 
 
【買いのトラリピ】
・通貨ペア  米ドル/円
・買うor売る 買い
・値幅    0.1円~110円
・注文数量  0.1万通貨×18本
・求める利益 1000円
・決済トレール 有
 
 
 

いっぽくん

損失が出る可能性がないなら、もうこれでいいじゃん!
 
しかしこれでは、利益がほとんど出ないのです。。。
 
 
【トラリピ運用試算表】の結果を見ると、6.4円ごとに注文を入れるという設定になっています。
 
 
 
トラリピで損失が出ない設定
 
 
 
これだと年間で数回利益がでるかどうかというレベルです。
 

損失が出る可能性が限りなく少ない=利益も少ない

 
 
トラリピも投資もリスクとリターンのバランスが重要です。
 

いっぽくん

逆に値幅を狭くした場合はどうなるの?
 
 
例えば、米ドル円が【105円~110円】の間で値動きをするだろうと予想した場合、先ほど例と同じ条件で設定すると
 
 
【買いのトラリピ】
・通貨ペア  米ドル/円
・買うor売る 買い
・値幅    105円~110円
・注文数量  0.1万通貨×18本
・求める利益 1000円
・決済トレール 有
 
 
トラリピで損失が出る設定
 
 
これだと54円を下抜けた場合、損失リスク(強制ロスカット)が発生します。
 
想定レンジは狭すぎず、広すぎずで設定することがおすすめです。
 
 

いっぽくん

想定レンジ(値幅)はどうやって決めたらいいの?
 
想定レンジ(値幅)を決めるために重要なのが過去の値動きを知ることです。
 
 
過去の値動きの中でも特に把握しておいてほしいのが、以下の2つの値です。
 
 
・過去最高値
・過去最安値
 
 
 
米ドル円の場合、直近15年間の過去の値動きを見ると、
 
 
最高値:130円
最安値:75円
 
 
米ドル最低最高
 
 
 
 
 
なので「利益は少なくてもいいから損失は出したくない」という人は、最安値~最高値を想定レンジとして設定するのも1つの作戦かもしれません。
 
 
私の運用設定を知りたい方は以下の記事をご覧ください!
FX自動売買100万円口座!運用実績公開
 
 
 

損失を出さないために資金を追加する

いっぽくん

途中で資金を追加するとどうなるの?

損失を出さないためには、運用途中で資金を追加するという方法も有効です。

例えば、以下のような設定でトラリピを運用していた場合
 
 
【買いのトラリピ】
・運用資金  100万円
・通貨ペア  米ドル/円
・買うor売る 買い
・値幅    100円~115円
・注文数量  0.1万通貨×99本
・求める利益 1000円
・決済トレール 有
 
 
 
トラリピ100万円設定(例)
 
 
 
ロスカットラインは101.45円です。この運用の場合101.45円まで価格が下がらなければ、損失は出さずに堪えることができます。
 
 
仮に運用途中で不安になり資金を50万円追加するとどうなるかというと、
 
 
【買いのトラリピ】
・運用資金  150万円
・通貨ペア  米ドル/円
・買うor売る 買い
・値幅    100円~115円
・注文数量  0.1万通貨×99本
・求める利益 1000円
・決済トレール 有
 
トラリピ150万円設定(例)
 
 
 
 
ロスカットラインは、96.19円まで下げることができます。
 
もちろん途中で想定レンジをした抜けているため【逸失リスク】が発生していますが、損失は出さずにしばらく耐えることができます。
 
 
トラリピを運用していく中で一番避けなければいけないことは、強制ロスカットです。
 
 
 
トラリピのロスカット率は証拠金維持率が100%を下回った場合に発動されます。価格が大きく動いて証拠金維持率が低下してしまった時に、強制ロスカットされないための余剰資金を準備しておいた方がいいでしょう。
 
 
 
 
ロスカットに関する記事はこちらをご覧ください!
 
 
 
 
いずれにせよ投資は余剰資金でやるのが鉄則です。万が一危なくなった時に追加で資金を投入して守備を固めることも考えておきましょう!
 
 
 

トラリピで損失を出すべき時もある


いっぽくん

損失を出さない方法が知りたいのに、損失を出した方がいいってどういうことなの?
 
損失は1円でも出さないほうが嬉しいですが、時には損失を出すという選択も必要です。
 
 
これまで述べてきたように、損失を出さないためには下記のような対策は必要不可欠です。
 
・想定レンジを広くとる 
・追加資金を準備する
 
しかしながら、こうした予想を上回るような事態が起こることもありえます。
 
 
ロスカットになるまで耐えるという選択肢もありますが、ロスカットになっては元も子もありません。
 

ロスカット=運用資金がなくなる

 
早めに損失を確定させることで【資産を残す】という選択肢も持っておくことをおすすめします。
 
 
私が160万円損失を出した時の話は、以下の記事をご覧ください!」
 
 
 

トラリピで損失が出た?リスクを回避する方法【記事まとめ】

トラリピで損失が出た?リスクを回避する方法【記事まとめ】

 

トラリピの4つのリスク

1.常に含み損を抱えている
2.やめるタイミングが難しい
3.高金利通貨はトラリピに不向き
4.想定したレンジを抜ける
 
 

想定レンジを抜けと時の2つのリスク

・逸失リスク
・損失リスク

 

損失を出さないための2つの方法

 
・損失を出さないよう想定レンジを広くとる
・損失を出さないために資金を追加する
 
 
 
 

トラリピのおすすめ記事はこちら!

 
 
 
 
 

当ブログおすすめのFX自動売買トラリピ!口座開設は「マネースクエア」がおすすめ↓↓↓

マネースクエア

 
小額からFXをはじめたい人はこちら↓↓↓
 

スワップ狙いなら「LIGHTFX」がおすすめ↓↓↓
 

レイダーズ証券【LIGHT FX】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です